2014年7月2日水曜日

PHPカンファレンス関西2014で PHPMake\Firmata について話(すつもりで)した #phpkansai


firmata-space-travel demo  (ぜひ日本語字幕をONにしてご覧ください)
PHPMake/firmata-space-travel on Github

発表内容について

PHPカンファレンス関西2014 で「 Arduino を PHP で制御する」というタイトルでお話させていただきました。
今年のはじめくらいから作り始めた PHPMake\Firmata というライブラリについての発表でした。
firmata とは、PCなどから Arduino のようなマイコンボードを制御するためのプロトコル(ルール)です。 PHPMake\Firmata は PHP で firmata を実装したライブラリです。
「PHPMakeFirmata を使えば Arduino とWebを連携させたアプリが簡単に PHP で作れる!」というのが売り文句です。

個人的な課題

私はここしばらく、「 PHP を使って現実世界で動くものをコントロールしたいんじゃ!」というテーマで試行錯誤しています。 PHPMake\Firmata はそれを解決する一つの方法で、今のところうまく行っています。しかし大きな不満を感じています。それは firmata プロトコル概要で触れた firmata のデメリットそのものです。
  • ホストとデバイスはケーブルで繋がる必要がある
  • ホストが無いと何も出来ない
これらを解決する方法はおそらく firmata の枠を超えるでしょう。
私はハードウェアは全然詳しくないですし、かといってソフトウェアのスペシャリストとかそんなんでもありません。はっきり言えばただのぺちぱーです。扱っているテーマが自分の分を超えているのはなんとなくわかっています。私の手に余る問題だと感じています。多分に失敗するでしょう。
今後はこれらをやっつけるべく試行錯誤していきます。

反省・後悔

総括すると「大失敗」でした。
PHP の話は出てきませんでした。30分という時間のうち firmata プロトコルの詳細をベラベラくっちゃべって @voidofglans さんに「あと5分です」と指摘頂いて、悲鳴を上げながら行ったデモは、手元の Arduino, ブレッドボードを持ち上げた時に、それに衝撃が加わって動かなくなりました。 Ubuntu もフリーズしかけるしで。私の話を聞きに来てくださった皆さんには本当に申し訳ないことをしました。本当にすみませんでした。
更に、私の後に控えておられた @martini3oz さんにも大変ご迷惑をお掛けしました。ごめんなさい。私のデモに興味を持ってくださった方達が、入れ替わりの5分の時間に私の机周辺に来られました。私は調子に乗ってデモを敢行し、結果、スケジュールの進行に遅れをもたらしたものと考えています。
今振り返れば、会議室を出たところに、少なくとも興味のある人たちだけでも輪になって話せるような空間があれば個人的には嬉しかったです。いわば、タイムテーブルの外で延長線を行うことで、それこそ conference と呼べるようなやりとりが出来たような気がします。

楽しかった遠足の思い出

ひこうき、こわかったです。

大阪在住のプログラマーである私の友人 @margaman にはとてもお世話になった。
金曜日、前日に大阪についたのが午前10時、ホテルにチェックインできる時間が16時。彼がいなかったら、疲労の溜まっていた私は街中の電柱のそばで突っ立ったまま眠る可哀想な人になっていたはずです。ありがとうマーガマン!

今回の大阪滞在の目的の一つにハードのスペシャリスト、T-4(@horothewolf)に会うというものがありました。この目的はPHPカンファレンス関西のスピーカー募集時から頭にありました。ツイッターのアイコンのイメージ通りの ~(女性) でした。という冗談はさておき、実はT-4さんには Gorilla を一番最初にリリースした際非常にお世話になっていました。実際にT-4さんの手元で動かして頂いて、バグが見つかり、こちらで再現しなくて苦しんでいたらT-4さんが正しくその解を見つけて教えて下さりました。その時はそのことで舞い上がって満足し、大変感謝しただけで、ある大切なことを忘れたまま時が流れて行きました。「あれ?T-4さんって紛れもなく contributor じゃねーか!」と頭によぎったのは半年後とかそのぐらいで、それから「 contributor として phpinfo() の Gorilla のセクションに名前載っけてもいいですか」とはなかなか聞けずにいました。それを直接面と向かって切り出したかったのです。
今回の滞在中、T-4さんには色々教えていただきました。 USB デバイスを作ってみたいと言ったら色々アドバイス頂きました。29日には日本橋を案内してもらいながら、電磁気学の講義を頂きました。本当に有難く、楽しかったです。さらに「わからないことあったらいつでも訊いて、相談して」とのこれまたひっじょーに有難いお言葉を頂きました。遠慮なく Skype, ビデオチャットで質問しまくる所存です。おみやげに頂いた551の豚まん美味しかったです。ありがとうございました。

たけさん (@ww24) 、にはセッション後に声をかけて頂き、T-4さん、マーガマン、私とでお昼をご一緒しました。デモの WebSocket 部分に興味を持って頂き、私は馬鹿みたいに Ratchet, Ratchet としか繰り返さず、せっかく声をかけていただいたのに申し訳なかったです。デモのコードを一緒にゆっくり見れる時間とスペースがあればよかったなぁなどと思いました。
LTお疲れ様でした。(PHPer のための Node.js 入門)

懇親会では「えーい、ままよ!」とばかりに適当なテーブルに突っ込んでいったところ、きよっちさん(@kiyotchi)ご夫妻が快く相手して下さり助かりました。きよっちさんが沖縄好きでその話で少しでも盛り上がれたのは幸運でした。また、きよっちさんが開発しておられる Seezoo CMS のプロジェクトの話、成り行きが聞けたのは貴重でした。面白かったです。ありがとうございました。

懇親会のルーレット?で「PHPライブラリ&サンプル実践活用」を見事引き当てた「だーしま」こと島田さんに凸して「このGorillaというモジュールはワシが書いた」という非常に迷惑なライブラリ作者アピールを行いましたが、快く歓迎してくれました。島田さんの提案により、本を二人で抱えて一緒に写真を取りましたが、結局この写真を一番欲しがったのは私自身でした。技術書の著者が自著を紹介するときの販促スマイルがありますが、日頃、それを生ぬるいと感じていた私はここぞとばかりに「これが販促スマイルだ!」と渾身の笑みで写真を取らせて頂きました。
島田さんのご厚意により写真アップOKの許可が出ました。
'I have nothing to lose' な無政府主義者たちのスマイル
右が島田さん、左が私です。ちなみに私も島田さんも無政府主義者ではありません。
島田さん、初対面にも関わらずこのような馴れ馴れしい、無礼な振る舞いを許して下さり本当にありがとうございました。

こんなついででなんですが、「PHPライブラリ&サンプル実践活用」著者の方々にGorillaを取り上げて頂いた御礼申し上げます。ありがとうございました。


個人的にはT-4さんとリアルで会えて繋がりが持てたことは、この滞在での素晴らしい収穫でした。遠慮無く色々アドバイスもらおうと思っています。
また、私のセッションを聞きに来てくださった方々には重ねてお詫び申し上げます。本当にすみませんでした。反省しています。(反省しているので、つまり、リベンジを考えています)
PHPカンファレンス関西2014参加者の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした!
本当に楽しかったです!ありがとうございました!



0 件のコメント:

コメントを投稿